札幌の小・中学生向け「情報×プログラミング教室」まなびファクトリー(高校生可)
 独自開発教材を使用し、既成のゲームは使いません。月4,400円(税込)~ 学べる札幌市白石区にある教室です。
 「子どもたちの笑顔のために」超少人数制でお子様一人一人の特長に合わせた学びの場を提供しています。

当教室について

「子どもたちの笑顔のために」できること。当教室最大の特長は、超少人数制で個別指導が可能なことです。個々に合わせて進めていきますので、お子様の興味関心をその場ですくい上げ、教育内容に反映させることができます。プログラムという作品を作る過程を、お子様一人一人に合わせて指導できる。ものづくりの発想をプログラミング教育を通じて行える。そんな教室です。

 まなびファクトリーの考え方は、至ってシンプル!
「簡単」「明瞭」「わかりやすい」のに奥が深い(興味深い)。物事の本質(基礎基本)を知り、上手に活用すれば、複雑に見える事柄も、実は簡単。最初のうちは、基礎基本をしっかり鍛えた方が、後々有利になります。

 令和6年度より、レベル別コース制を導入し、より一層きめの細やかな「まなび」を提供できるようにしました。さらに、2D/3Dアプリ開発環境Unity(ユニティ)を使用して、テキスト言語C#を学べるコース、外国人講師による英検対応オンライン英会話コースも開設し、「子どもたちの笑顔のために」まなびをトータルにサポートできるよう、取り組みを進めています。


「情報×プログラミング」と「独自の教材開発」

 2020年学習指導要領改訂でプログラミング教育を含む情報教育が必修化・強化されました。
2020年度から小学校の各教科でプログラミング的思考、2021年度から中学校の「技術」、さらに2022年度から高等学校の「情報I」2025年(令和7年)1月の大学入試共通テストからは、プログラミングを含む「情報」が国数社理英と並んで主要教科として出題されます。国公立大学受験の際には「情報I」は必須です。
 大学入試センターが公開している、令和7年試験の大学入試共通テスト試作問題等の方向性から、情報Iの試作問題出題内容を表にしました。(詳細は、大学入試センター公式サイトでご確認下さい)

大学入試センター「問題作成の方向性、試作問題等「情報I」より作成」

 当教室では、上記のような大学入試共通テストも見据えた、独自教材の開発を行っています。基礎基本(読み書きを含む)をしっかり身に付けるために、動画中心の教材ではなく、テキスト中心の教材にしています。

 独自開発教材では、単にプログラミングできるようになることを目的としていません。文を順番に読み、実際に手を動かしプログラミングする。その時の動きを観察し、その動作を説明する。徐々にレベルが上がり、自然と学校で学ぶ教科学習の内容や教科「情報」にも結びつく。超少人数制と組み合わせることで、一人一人のお子様の成長・レベルに合わせたレッスンが可能になります。

進化する独自教材

最初は、動きを作る+説明をする+確認をする
先に進むと、文を読む+考える+作る+修正する

学校へ行かない子どもが増えている

 少子化の影響で子どもの数が減っているにもかかわらず、不登校になる子どもが急増しています。
以下、毎年調査、公開されている文部科学省の児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査の不登校に関する表とグラフを引用したものです。

引用元:令和4年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果

 子どもの成長は一人一人違います。発達の段階によって同じ年齢でも同じような水準にはなりません。
 当教室では、一人一人のお子さんの持った 能力・性格・興味の方向などを見極めて、 小さな「デキル」を積み上げることで「自信」「希望」に繋げます。その結果として、ぐんぐん成長するお子さんもいれば、ゆっくりだけど着実に成長するお子さんもいます。早ければいいというものではありません。
 子どもの可能性を信じて、成長の芽が伸びようとするその瞬間を出来るだけ見逃さず、サポートしていきたいと考えています。

子どもが真に興味を持ち、わかった!できた! その瞬間の目の輝き成長する瞬間が たまらないですね!

まなびファクトリーと一緒に「一歩一歩」まなびを進めていきましょう!

まなびファクトリーで学べるコースはこちら


入会・体験・ご予約・お問い合わせ

1.LINE公式アカウント https://lin.ee/bi9Op0i より友達追加の上、お問い合わせください(推奨)
2.電話 011-867-0754(出られないことが多いです)※営業の電話はご遠慮ください

友だち追加

まなびファクトリーの沿革・エピソード

・2020年4月1日 開校(開校時の校名:WeducationAcademy)

 新型コロナウィルスが発見・蔓延し、日本全国で学校の一斉休校が行われた、そんな中での開校となりました。3月の体験会多数の予約がありましたが、ほぼすべてがキャンセルに。。。

開校を知らせる広告
開校当時の教室は今見ると机やPC少ないです

・2021年4月1日 「寺子屋×ぷろぐれす」へ教材提供開始
 当教室の独自教材「テキスト1系統」を札幌市中央区にある「寺子屋×ぷろぐれす」へ提供開始し、姉妹校となりました。

最初の独自教材「テキスト1」
デスクトップPC&デュアルディスプレイ

・2022年1月1日 新教材「テキストA」系統提供開始 
 開校当初開発していた「テキスト1」系統(基本的なブロックを学習しながら教科学習の内容を取り入れ~作品作り)の内容を見直し、「テキストA」系統(作品作りでよく使うプログラムのまとまりを単位としながら学習、適宜教科学習の内容)に刷新。

教材が進化「テキストA」系統
入会者10名を超え少しずつ基盤が整ってきました

・2022年4月1日 教室名を「まなびファクトリー」に変更
 親しみやすく、覚えやすい名称に、と約1年かけて検討し、いくつかの候補の中から、教室名を「まなびファクトリー」に変更。コロナの影響を受けつつも、「子どもたちの笑顔のために」のキャッチフレーズを大切に、堅実な運営に努めています。

5つと7つの歯車にカラフルなファクトリーの文字
検定に挑戦する子どもたちが増えました

・2022年12月 企業とのコラボイベント(クリスマスプログラミング体験会)開催
 地域密着の企業と連携し、初のイベントを開催。これからも地域に根差した地道な活動を継続していきます。

株式会社藤城建設(東区中沼)とコラボしクリスマスイベント開催
ラッピング体験

・2023年2月 通学生が20名を突破
 多くのプログラミング教室がある中、通学生の数が20名を超えました。

隠れた名店ならぬ名教室を目指して
座席増設4→6

・2023年4月 開校3周年を迎えました
 テキストA系統が終わったお子さんを対象とした、発展的なプラン(アドバンス・アドバンス+Plus新設の提供を開始。

・2023年11月 北海道小中学生プログラミングコンテスト決勝大会進出&受賞
 当教室に通う2名のお子さんが上記コンテストに参加。2名とも決勝大会へ進出し優秀賞・テクニカル賞・HBC賞を受賞するという実績を残しました。

優秀賞
優秀賞・テクニカル賞・HBC賞

・2024年4月 レベル別コース制導入、Unityコース、オンライン英会話コースを新設、出版を開始
 ・独自開発教材を大幅に改訂し、レベル別コース制を導入。
 ・月4,400円から学べるプランの提供を開始。
 ・Scratchを修了したお子さん(主に中高生)を対象とした、2D/3Dアプリ開発環境のUnityコースを新設。
 ・英検に対応した外国人講師によるオンライン英会話コースを新設。
 ・これまでのノウハウを活かした、検定対応「模擬問題集」の出版を開始。

テキスト言語C#を含むUnityコース
新コース導入に合わせて座席を拡充6→8
外国人講師によるオンライン英会話
ノウハウをもとに出版を開始

入会・体験・ご予約・お問い合わせ

1.LINE公式アカウント https://lin.ee/bi9Op0i より友達追加の上、お問い合わせください(推奨)
2.電話 011-867-0754(出られないことが多いです)※営業の電話はご遠慮ください

友だち追加